掴める健康は逃さないで

いつもヘラヘラ笑っていますが、
7月4日は大切な人の誕生日であり
突発性難聴になってしまった日でもあります。

突発性難聴の記録①

突発性難聴の記録②

今朝も昨年同様オンラインで朝レッスン☀️

リードをしながら、(去年の今頃、耳の異変を感じたんだよな〜)と思っていました。

無事に終わって思ったのは、
(耳、ちゃんと聞こえてる。よかった。)

相変わらず左耳はずーっと耳鳴りがしていて
深い水の中にいます。

右耳の調子も時々悪い。

新潟は静かなんだな〜と
先日の東京出張で思いました。

普段は外でも人の声が聞き取れないことはありませんが、東京では隣にいる人の声も消えて・・・

東京の喧騒には勝てなかった。無念。

いまでも思います。

(何か発症を防ぐ術はあったのだろうか?)

原因不明。
かも、だろうをどんなに考えても
結局のところ、わからないものはわかりません。

わかっているのは、
左耳が聞こえないということ。

日常で不便なことといえば、
聞き逃しが増えたこと。

聞き直すって相手にも自分にもストレスです。

何度も『聞こえない』を再認識することにも
ため息が出ます。

けれど、お年寄りや耳が不自由な人の気持ちが
わかるようになったのは良いことです。

音が聞こえることが嬉しいから、
風の音、鳥のさえずり、波の音、
足音ですら心地よく感じます。

音に敏感で、耳が繊細だから、
時々必要以上に音が聞こえて嫌になるけれど、
それでも聞こえることが嬉しい。

『もっと日常を大切にして
時間の流れをゆっくり噛み締めなさい』

そういう教えだと受けとったからか、
土日祝を基本休みとし、
自然に触れる時間が多くなりました。

【花鳥風月】
歳をとっただけかもしれない。笑

前までは夏が一番好きな季節だったのに、
いつのまにか秋が一番好きになっているし。笑

充実度が違います。

「豊かに生きている」と言いきれる。

幸せですね。

今日は、鳥屋野体育館の春の教室最終日。
閉講式がありました。

最後に何を話そうか考えていて、
本当はこんなことを話そうと思っていました。

ここからは私の想いです。

何の悩みもなく
何の不安もなく
健康でいる、健康でい続けるということは
簡単ではありません。

大なり小なり
困ったり、悩んだり、不安に思ったり。

健康に絶対も確証もないので、
「いつか」や「なにか」はきっと訪れます。

けれど、
ケガには2種類あります。
・どうしても防げなかったもの
・防げたかもしれないもの

病気には3種類あります。
・先天性のもの
・防ぐことが難しいもの
・防げるかもしれないもの

専門家やお医者さんに言わせれば、
私の突発性難聴にも理由があって
発症を免れることができたかもしれません。

健康に留意して
元気だと思っていた私でも罹ってしまった。
これも事実です。

確かに、100%の保証はありませんが、
日々の努力で
不調に陥る可能性を下げることはできます。

「いつか」「何か」が訪れた時、
何を思い
どのくらい同じところを彷徨い
どのくらいで次に進めるのか。

それはきっと、
それまでの自分が決めること。
言葉のニュアンスが違うかな。
『それまでの自分に決められてしまうこと』
かもしれません。

隣にいる人とあなたは違います。

同じ人間だけど、
体には個性があります。

生まれた時に授かった個性を
磨いてデザインしていくのは自分自身です。

掴める健康は逃さないでほしい。

どうか自分の身体を大切にしてくださいね🍀

ちなみに、私、元気です♡

良い話はよく聞こえるし、
それ以外のことはスルーできる便利な耳です。笑

今朝のニュースで、
大好きな堂本剛くんが
オシャレな服を着て
カッコイイ顔をくしゃ♪と崩し微笑みながら、
体調と向き合っての苦悩や葛藤
そして前向きな考えと想いを
やさしくて甘い声で語っていました♡

(今日この話が聞けるなんて♡ やっぱり剛くんは運命の相手かもしれない♡♡♡)
とニヤニヤできるほど、元気です。笑

けして壊れているわけではないので
ご心配なく〜♪

mana

関連記事一覧