子どもっ100人できるかな♪(笑)もういるけど♡

最近はしていませんが、時々行っていた(る)子どもたちとの面談( ¨̮ )

4年前の面談で、私の質問に答えられなくて涙を流した子がいました。

私が魔女みたいだから?

違います(笑)(´-ι_-`)

面談をすると、

言いたいことはまとまらないけど思ったままに話し出し、とりあえず伝えようとする子。

言いたいことを話し始めるけど、思うように伝えられずに途中で話をやめる子。

話していることは素敵なことなのに、自信がなさそうにボソボソ話す子。

何を言ったらいいのかわからずに黙る子。

様々です( ¨̮ )

入会初期の子は始まる前から緊張気味で可哀想になるくらいですが、少しずつ時間をかけて30分から1時間をマンツーマンで話します。

4年前の彼女は、まさにボソボソちゃんのだんまりちゃんでした。

それが今や、自分の考えをきちんと発言し、自分で考えて学習を計画的に進め、その頑張りを讃えられ毎年表彰され、大好きなクラブ活動に精を出す活発で明るい女の子になりました(*´-`*)

こんなふうに自分で考えて、いま自分に何が必要か、優先順位を判断し決めて、能動的かつ自発的に行動できるようになりました( ¨̮ )

大好きなアイスホッケーに勤しみ、男の子に混じりながらレギュラーの座を獲得☆

チームメイトの外国人の子とコミュニケーションをとるために、ロシア語(だったかな?(笑))を勉強する努力家でもあります☆

可愛い(*´-`*)♡♡

保護者様との面談で話すのは

【学習を通して、自分に自信をつけ自分を肯定し自分を好きになってほしい】

ということと、

【小さな社会の縮図でもある教室で、大人や上級生・仲間・下級生それぞれとの関わりの中でコミュニケーション力や『人から学ぶ』という姿勢を高め、学びを通して『生きる力』を育んでいく】

ということです。

勉強面で自信がつき毎日に余裕ができると、課外活動やクラブ活動にも意欲的に取り組むようになります。

物事を咀嚼し理解する力があれば、人の話に耳を傾け話を聞くことそのものが面白いと感じるようになります。

だから、国語の学習でまずは知って使える言葉を増やすことが大事。

傾聴しながら授業を受ければ、内容理解も深まるので、結果的に充実した時間を過ごせます。

教えられることに対してスムーズな理解ができれば、それ以外にも意識を向けることができるため、思考が深まり視野が広がります。

子どもが自己を高め自己を肯定するための手段や方法はたくさんあるけれど、学習もそのうちの一つであることを保護者様にはお伝えします。

私としては、クラブ活動も習い事も、委員会活動も行事の実行委員も、子どもたちには何にでもトライしてほしいと思っています。

教室の生徒の多くは、各行事ごとではリーダーや代表となり、委員会活動にも積極的、クラブチームに所属し賞をいただいたり…なんとも常に忙しそうですが、それでも学習への力は抜きません。

『公文での学習で、強く逞しく、人が変わったように成長できています』

なんて言われることが本当に嬉しいです。

教室の子どもたちの頑張りを認めてくださる学校の先生や、ベストなタイミングでわが子に声をかけてくださる保護者様、そしてお友達からの『すごいね!』が、みんなをキラキラ輝かせてくれています。

そして学習することを通して自信を身につけ、自分が好きになれるほど頑張っている子どもたちがとっても素敵です☆

本日、2018年、1回目の教室でした☆

【12月26日から1月10日までの宿題をまとめて出します。計画的に進めましょう】

とお手紙を出し、課題を余計に渡していたのに、多くの子が全部終わらせてきてしまいました(><)

おかげで宿題のおかわりを用意しなくてはいけなくなり、余計にてんてこ舞い(´+ω+`)

年末年始も休まず学習した記録があり、『偉いなぁ』と心から思います☆☆(言わないけど(笑))

なかなか褒めてくれない先生です( ¨̮ )

【出された課題は終わらせる】

当たり前のことだけど、

この当たり前が卒なく出来ること、

本来9日分でいいところ、16日分の宿題だと気づかずに『ちょっと多い気がする…』とも思わずに【普通に】こなしてくる頼もしい子どもたちを、

心から愛しく思います(*ˊ˘ˋ*)♪

みんな、今年も頑張ろうね☆☆

鍬間先生より

mana

関連記事一覧