鼻血

皆さんは、どのくらいの頻度で鼻血が出ますか?

私は月に一度ほど鼻血が出るときがあります。

理由はおそらく『代償月経』のようなものだと思われます。

代償月経とは、月経周期と一致する周期的な出血のことで、鼻粘膜からの出血が30%を占めます。

他にも胃や腸、肺、乳腺、皮膚、外耳道など多様な部位からの出血も代償月経として起こることがあります。

鼻粘膜からの出血が多いのは、鼻粘膜のある部位が卵巣から分泌される女性ホルモンに反応性をもち、局所的な充血や血管変化をきたすためと説明されています。

鼻血のほとんどは鼻の入り口近くからの出血ですが、他にも原因があります。

①高血圧

②動脈硬化
高血圧や動脈硬化によって血管がもろくなると、動脈からボタボタと大量出血することがあります。

③肝臓・腎臓の疾患

④血液疾患
糖尿病が原因でも鼻血は起こります。
肝臓には、血液を固まらせる成分をつくる働きがあります。
肝硬変などで肝臓の働きが衰えてしまうと、鼻血が出やすくなったり、止まりにくくなります。

腎臓の病気や、血友病・白血病といった血液疾患の場合も同様です。

⑤腫瘍

⑥薬の服用によるもの
心筋梗塞や脳梗塞などの治療に使われる血栓予防のための抗凝固薬が原因で、鼻血が止まりにくくなるケースも最近増えています。

⑦オスラー病
オスラー病は遺伝性の病気です。
血管がもろくなり肺や脳からも出血しますが、最近は鼻血で気づかれることが多くなっています。

⑧ストレスや疲れ
ストレスや疲れがたまると、自律神経失調症にかかり鼻の毛細血管が切れやすくなります。
寝不足によるストレスが原因の場合、起床時に鼻血を出す人もいます。

病気による鼻からの出血の場合は、
✅体のだるさ
✅貧血
✅喉の渇き
✅手足の感覚麻痺
✅頻尿
✅繰り返す体調不良
✅肩こり
✅腰痛
✅頭痛
✅めまい
✅吐き気
✅動悸
といった症状が伴います。

鼻を強くかんだなどの鼻血の心当たりがない人は、怖い原因が潜んでいる場合があるので注意が必要です。

関連記事一覧