まな先生の独り言

インストラクターになりたての頃、
自分が好きな運動というものを仕事にして
毎日体を動かせることが嬉しかった。

小学1年生からなりたかったスイミングコーチにもなれて、なんとなく始めたエアロビクスをはじめとしたスタジオプログラムも、強制的にすることとなったアクアプログラムも、全部楽しくて、楽しくて、楽しくて、ただそれだけだった。

「人々の健康づくりのために・・・」なんて、
そんな当たり前のことは標準装備だったけれど、
それでも働く施設に集まる人たちだけのことしか見えていなくて、それはそれで人の健康というものに濃く向き合える時間だったけれど、考える規模は狭かった。

フリーランスに転向して、様々な施設に自分で足を運びながら仕事をする中で、少しずつ視野が広がるようになった。

スポーツクラブ、公共施設、メディカル施設、それぞれに集まる人たちはみんな異なる。

運動する体と心の状態も、運動に対する価値観も、運動がどれだけ日常に溶け込んでいるかも、何もかもが違う環境でたくさんの人と出会い、ようやく【健康づくりとは?】が見えてきた。

『現場指導』というフィールドの中にいることに満足できなくなって指導者の養成・育成を始めてからは、人を見ていただけだったところから、市・県・国と社会規模で仕事を考えるようになった。

抱える様々な問題点を洗い出したところから、
実は1進んだかどうかのところに未だにいる。

一人で数百人の健康としか向き合えなかったところから、仲間や同志を増やしてその数を増やしつつも、荒れ狂う情勢の波に追いつけず衰退しているとさえ思う。

☑️運動施設の減少
☑️運動指導者の高齢化
☑️流行りの運動プログラムの偏り
☑️運動指導者自身の運動・健康づくりに対する『主語』のちがい
☑️身体に必要な運動プログラムと選ばれる運動プログラムのズレ

コロナ禍で運動の提供の仕方が多様化される中、経営困難に陥り、その立て直しの形が事業の縮小や人員の削減となると、一見オンラインという無限の空間が生まれたようで、実はそこにできた制限もある。
オンラインが使えない人、オンラインをうまく活用しきれず運動から遠のく人も少なくない。

運動指導者の高齢化はどんどん進み、若い指導者不足が改善される気配もない。
これに関しては様々な要因があるけれど、施設内でのスタッフや先輩指導者による陰湿ないじめや嫌がらせ、お客様による若手いびりなんかも背景にある。

・働きやすい時間、集客しやすい時間に仕事をさせてもらえない
・チェックマンに囲まれて窮屈、精神的に追い込まれる
・給料や報酬が安い
心身も収入もバランスがとれなければ、そりゃ辞めるよね…ということも少なくない。

運動施設で提供される運動プログラムが、流行りのプログラムでいっぱいになると、お客様が受けとれる運動の恩恵にも偏りが出る。
その結果、運動による弊害が身体に生じて、ケガをしてしまう人や自律神経の乱れから心身に不調が出る人も増えてしまった。

運動指導者の『主語』
たとえばインストラクターになりたての私のようだと、主語は自分のほうに傾く。
主語を人に向けると、仕事の質が変わってくる。
方向性や目指すところの意識の異なりは、現代の社会における課題を解決するには異なる分だけ進みが鈍くなる。

誰もが今すぐにどんな運動もできるわけではなく、コンディションによってはNGになる運動もある。
体が悲鳴をあげているのに、交感神経ばかりが刺激される運動を続ければ、睡眠障害が起きたり、無感覚で疲労が蓄積されて体がボロボロになっていたり、精神の不調をきたすこともある。
それをなんとかしたくて、また合わない運動を繰り返せば、不調の連鎖が続いていくことになる。
合うものを運動指導者が伝えること、そして本人が適切にいまの自分に必要なものを選べるようにしていかなければいけない。

これらすべてを自分でどうにかできるとは思っていないけれど、解決のために尽力したい気持ちはある。

一歩一歩ステージを上げて、ようやくここまできたわけだけど、38歳という数字を見て、予想していた以上に自分は成長していると少しだけ満足している。

ここまでは独り言。笑

やりたいこと・実現したい未来が
明確にあります。

一人の力ではどうにもならないことがわかっているので、一人の力でできることをやりきって今たくさんの人の力を借りようとしています。

ありがたいことに想いに共感して力を貸してくれる人がたくさんいるので、私が求める形で同時進行でいろんな事業が進もうとしています。

最初から完璧にはできないですが、歯車を少しずつ回していきたいと頑張っています。

運動指導を受けとってもらう側の人ももちろんですが、運動指導者にも豊かで幸せになってほしいと願っています。

♦️働きやすい環境・活躍できる場
♦️楽しく長く仕事を続けるための方法
♦️収入
いろんな豊かさがありますが、
みんながwin-winになれる道はないかと
模索中です。

自分が養成した方たちや
携わるプログラムでご一緒する方たち
いつも支えてくれている大切な仲間たちが、
最近私が大好きな草笛光子さんのように89歳でも元気に運動して、
「私たちって健康よね〜♡ 私たちって元気よね〜♡ 」って笑う姿を想像しています。

うかうかしている場合じゃないですね。

40歳までに叶えたいことがある。
猪突猛進🐗猪突猛進🐗

困った時…いや、お願い事をする時もいつも偉そうに「ねぇねぇ」って声をかけるあのお方(笑)

使いっ走りにしているつもりはないけれど、
お仕事を円滑に進めるためにお力添えをいただいています♡いつもありがとう♡

また閃いたことがあるから、
「ねぇねぇ」言うね。笑

次なるお仕事でご一緒するお方から👆

媚びないってワードに笑ったけれど、
好き放題言っても「お任せあれ〜」と受けとめていただき、感謝しています♡

北極星になるように言われたので、
頑張ります🔥
(毒吐きながら…♡笑)

昨日一日で
何回「ありがとう」と言われたことか💞

「ありがとう」を言われる行いを
これからも毎日続けていきたい💞

mana

関連記事一覧