さらに燃える

アンバサダーを務めている【さらに燃える】は、
⭕️運動をするための体づくり(準備)
⭕️運動の最中の補給(実行)
⭕️運動後のリカバリー(回復)
すべてにとっても効果的です⭐︎

いまやプロテインも現代人の身体に不足しがちな栄養素を補うものとして常用される時代。

私もプロテインは飲みますが、
プロテインとは飲む目的が異なるので
ご紹介します♡

【さらに燃える】には、
体に必要なアミノ酸がたくさん含まれています。

上記の価格はネット調べで、サプリメントなどでひとつずつ購入した際にかかる費用です。
(製造国によっても異なるため、差があります)

それぞれの効果を見てみましょう👀

どれも大切です❣️

私が【さらに燃える】の好きなところは、
これらが全部含まれていて
手軽に摂取できるところです♡


オススメの飲み方をまとめてみました✏️

運動時の水分補給に必要な
クエン酸やアミノ酸が補給できるだけでなく、
飲みやすいので
一日の水分補給量も確保しやすくなります♪

そして、すごくイイのは
『お湯に溶かしても問題ない』ということ!

だから、お料理にも使えるんです♪

⭕️隠し味に
⭕️メインの味付けに
⭕️ドレッシングに
⭕️ソースに
⭕️酸味がわりに

食事やデザートづくりの際に使えば、
飲料にして飲まなくても摂取できちゃう♪

私は、朝多めに白湯をつくり、
二杯目に入れて飲んでいます♡

二日酔い防止効果もあるので、
晩酌のお供にも最適🍶💓

ダイエット効果ももちろんありますが、
これを飲むことで肌ツヤが良くなるのが嬉しい♡

必要な栄養素全部を考えての食事は難しい。
だからサプリメントやプロテインで補うのですが
絶対に欠かせない水(飲み物)で摂ることは
水分不足気味の現代人に必要な工夫です。

効果の判断は難しいと思いますが、
真水で挑んだ日と
【さらに燃える】ドリンクで挑んだ日では
レッスン後の疲労度や
体の回復スピードが異なります💦

準備の段階で体がフル充電できていて、
運動中もどんどん使われていく栄養素を補い、
ダメージは最小に
疲労を最速でリカバリーすることで
筋肉や関節にやさしくできます♡

運動して体のあちこちが傷つき
痛んでしまうのは避けたいですもんね。

以下、事務局に質問した内容のまとめです✏️


①色について


【さらに燃える】の黄色い色はビタミンB2の色

直射日光に弱く、
日の光を浴びると透明になります。

オロナミンCやリポビタンDのボトルが茶色いのは
光から守るためです。


②溶かし方について


温泉水や深層水で溶かすのもOK⭐︎
水素水やアルカリイオン水で飲むのもOK⭐︎

ただし、エビアンやコントレックス等の硬水に混ぜるとあまり美味しくありません。
硬水自体に日本人は慣れていないのもあります。

ガウラやDM(ドクターズマン)の水素水は、
水道水を使用しているので中性です。
水道水から残留塩素を取り除いて浄水フィルターを通しているので、水自体が美味しくなっていますが、残留塩素が全くなくなっているので、日持ちしません。

冷凍庫で氷を作るとき
必ず水道水を使うよう記載されているのは、
水が悪くなるのや
管にカビが生えるのを防ぐためです。


③薬を飲んでいる場合


薬を飲むのも
基本的には水で飲むのが一般的です。

カルシウムやカリウムと
相性の良くない薬があるからです。

一般的に大きな影響を及ぼす
グレープフルーツ果汁は入っていません。

薬を服用されている方は、
かかりつけのお医者様に相談をしてください。


④保存について


一度作ったドリンクは、
水道水の場合は冷蔵庫で冷やして2〜3日、
口をつけてしまった場合はその日のうちに。

さらに燃えるは魚由来のコラーゲンを使用しているので、数日の保存においては、比較的においは少ないです。

「鍬間先生がいつも飲んでいる黄色いやつ」

御入用の方はご連絡ください♡

関連記事一覧