寒暖差疲労

前日と比べて、もしくは一日の最高気温と最低気温の差が『7度以上』と気温の寒暖差が大きいことにより、自律神経の機能が乱れ、血行が悪くなり、体が疲れることを【寒暖差疲労】といいます。

体温調整は自律神経を使って行われます。

例えば、
✅血管の収縮によって血流を減少させ、体内の熱が外に逃げないようにする
✅筋肉の収縮によって震えを起こし、熱を産生する
などで体温を上げます。

逆に体温を下げる時は、
☑️血管の弛緩によって血流を促し、体内の熱を外に逃がす
☑️汗腺の活発化によって汗を流し、体内の熱を外に逃がす
☑️筋肉の弛緩によって、熱の産生を抑える

風邪を引いた時の
発熱から解熱までの仕組みも同じです。

人間の体温は37度前後で保たれています。

何らかの影響により、体温の上昇と下降がジェットコースターのように繰り返されると、体温調整をするために自律神経が過剰に働いて疲労を招きます。

自律神経について

アクセルとブレーキの役割をもつ2つの神経の働きは、本当であれば一日の中でもゆるやかに徐々に切り替わっていくものです。

しかし気温差が激しくなると、急ブレーキ急発進を交互に繰り返す車と同じで、それは臓器に多大な負担をかけ、臓器の働きに関係するさまざまな不調が起こります。

❌冷え
❌首こり
❌肩こり
❌頭痛
❌めまい
❌全身の倦怠感
❌関節痛
❌むくみ
❌胃腸障害
❌精神の不安定(イライラ・不安・心配)
❌風邪に似た症状
❌アレルギー
などです。

もともと冷え症の方は、
寒暖差疲労がさらに加速し
抜け出しにくいです。

冷えは、
①四肢→②腹部(内臓)→③全身へと進行していきます。


①四肢末端型の冷え


瘦せ型や過度なダイエットを行っている女性に多く見られます。
進行すると下半身全体に冷えを感じるようになります。(末端の冷えは女性に多いですが、意外にも下半身全体の冷え症は男性にも増えています)
肩こり・頭痛・むくみの症状が出やすいです。


②内臓型の冷え


隠れ冷え症とも呼ばれています。
ぽっちゃり体型や食欲旺盛な方に多い冷えになります。(鍬間ドキッ💔笑)
泌尿器系・婦人科系・胃腸系の症状が出やすいです。


③全身型の冷え


常に体温が低く、季節問わず寒さを感じます。
冷えそのものの自覚症状がない人もいますが、体温が低いということはつまり全身が冷えているということです。
総合型なので、あらゆる症状が複雑に出てしまいます。

寒暖差疲労をケアするためには、
乱れた自律神経を整える必要があります。

そして、
体に寒暖差を感じさせないことが重要です。

⭕️外気温と室温の差を広げない
⭕️腹式呼吸をする
⭕️疲労を溜め込まない
⭕️適度な運動
⭕️湯船に浸かる
⭕️十分な睡眠をとる
⭕️食事に気をつける

体をあたためる食べ物

疲労をとる食事

寒さに合わせて自分で熱をつくるためには、
⭕️筋肉量を増やすこと
⭕️デトックスすること
も大切です。

デトックスについて

疲労困憊の身体で頑張りすぎてしまうと、
疲労は余計に蓄積され
不調も長引いてしまいます。

ホッと一息つく時間をつくって、
できるだけ身体を休める時間を増やすのが、
寒暖差が大きい時期に大切なことです。

美味しいものをたくさん食べて、
よく寝て、よく笑う!

寒暖差に負けない身体に!!!

関連記事一覧