背中で語れ!(笑)

機能改善レッスンの後、

Aさん「先生の肩甲骨は、クルクルクルクル本当によく動くよね 」

Bさん「そうそう、動く動く‼️ それに先生の背中の筋肉、きれいだよねえ」

Aさん「すごいよねえ」

お褒めいただいちゃいました☺️ 

 

Bさん「もしかしてこれ?(ボディビルダーさんのするバイセプスのポーズ)」

私「いえいえ、ボディビルダーではないです(笑)」

フィットネスインストラクターになってから、入会したスポーツクラブでトレーニングを始めたのですが、初めてトレーニングを教えてくださった方は、確かにボディビルダーさんでした。おかげで「筋肉のすごい先生」として、会員さんに知っていただけていました。

今と違って、すごく追い込んだトレーニングをしている女性は多くない時代でしたから、他にあまりいらっしゃらないタイプの個性的な存在で、ある意味、差別化になっていたのかも・・。 けれど、ボディビルの道には足を踏み入れてはおりません😅

 

Aさん「でも、すっごいトレーニングしてるんでしょ?」

私「いえいえ、特別なトレーニングはしてないですよ。普通にトレーニングしてるだけですよ😆」

トレーニングを始めてから、トレーニングの師匠に見てもらいながら、ずっとずっと長い間、かなり頑張ってトレーニングしていましたね。高重量だったと思います。体質的にも筋肉がつきやすい方だったのもあり、そこそこ重さにもチャレンジできたし、身体も作れました。今はそこまでの重さは扱わないですが、あの頃培ったものが今の自分の身体の基礎になっています。

いろいろ考えるところもあり、トレーニングする場所もトレーニングの負荷も種目も変わりました。あの頃はアウター中心のトレーニングでしたが、今はアウターとインナー、特にコアトレーニングも大切にしています。

 

このように、私のトレーニングは変遷してきていますが、フィットネスインストラクターとして前に立つためには、やはり説得力のある身体つきであることは、自分の中でずっと意識してきたことです。また、高いパフォーマンスを行えるためには、やはり身体作りは必要だと思います。

今も「先生のレッスンは、どこを使う動きなのかがわかりやすいです」とよく言っていただけるのも、体づくりをしてきたおかげです。

もっとも、高重量にトライしていた頃に比べたら、今は筋肉も小さくなりました😉 今も太い太腿ですが、あの頃はさらにもっと大きな筋肉で太うございました😆 そして、筋肉と脂肪の分布図も、年齢もあって、期せずして変わりましたけれど・・😅 

 

そのトレーニングの師匠からは、

「背中で語れるインストラクターになれ!」

と言われました😆

背中って、自分からは見えないけれど、すごく見られている場所ですよね。

運動と関係なくても、「猫背ではなく、背筋がすっと伸びている良い姿勢の人は、5〜10歳若く見える」なんて言われたりもします。

姿勢がよいと、呼吸もしっかりできるし、循環もよくなるし、内臓も圧迫されることなくしっかり働けるし、神経を圧迫することなく四肢を働かせるし・・いいことばかり。

姿勢に大きく影響する背中、とても大事です😉✨

これからも、背中で語れるインストラクターでいられるよう、頑張りたいと思っています(^^)

 

 

✳︎✳︎  お ま け ✳︎✳︎

本日の通勤ウォーキング、朝から何だか空が騒がしい・・

時折、シラサギが群れをなして飛んでいきます。朝だけで3集団見かけました😮

どこかで集会でもあるのかと思うほど😆

帰りの通勤ウォーキングでも、やはり飛びゆく団体さん目撃👀 

そして、川のあちらでも、

こちらでも、

団体様、ご休憩中でございます😆

そして、私の気配に気がつくと、一斉に飛んで行かれました😝

やっぱりシラサギ界で、特別な何かがある日なのかしら・・(爆笑)