感謝と思い出、そしてこれから。

間もなく10月。

10月は、衣替えの季節であり、テレビ番組の編成の時期でもあり、様々な変化の時なのかもしれません。

 

これは、今日のレッスンを終えた時のお話です。

私がインストラクターデビューして間もなくオープンした、あるスポーツクラブ。

オープンに際してのオーディションを受け、オープニングスタッフとしてレッスンを担当させていただくことになり、それから月曜日の午後、時間帯に多少変化はあったものの、ずっとレッスンを担当させていただいています。

そのオープンの頃から、毎週ずっとレッスンに来てくださっていた方が、

「先生、じつは今日で先生のレッスン受けるのも最後なんです」

「えっ?・・・そうなんですか?」

突然のカミングアウトに言葉に詰まりました。

コロナをきっかけに、ご主人様との終の住処として、ご実家のあるところ(愛知県外)にお引っ越しされるとのことでした。

出会って28年になります。週に1回、ご都合をつけながら、たくさんレッスンを受けに来てくださいました。長い歴史の中で、何レッスン受けていただいたのでしょうか、数え切れないです。

長いお付き合いの間に、いろいろなお話をさせていただいたりして、たくさんの思い出があります💕

インストラクターになってまだ駆け出しのヒヨコだった頃から、長年に渡って、共に楽しみ、見守り、支え、変な言い方ですが私の指導を信じてついてきてくださった方からのカミングアウトは、やっぱり大きなショックでした🥺 私の反応を見て、

「レッスン前に言うと、きっとそんな感じになると思って、敢えて終わってからお伝えしようと・・」

これまでのご恩に加えて、最後の最後までそんな気配りまでしてくださって、本当に感謝です💕

 

いつも応援してくださっていて、人に優しく、またご家族想いで・・素敵な女性です✨

だから会えなくなる事は本当にさみしいです😭

でも、彼女がこれからの人生を、大切なご主人と一緒にそちらで送られる大きな決断をされたこと、心から応援させていただこうと思います☺️

 

「エアロビクスレッスンは少し少なくなってきていますが、エアロビクスは本当にいいエクササイズなので、そちらへ行かれても是非エアロビクスを続けて行ってくださいね」

「先生のおかげで、エアロビクスの楽しさを知り、ずっと続けてこられました。本当にありがとうございました😌 これからも長く続けたいと思います💕」

彼女のこれからの人生に乾杯🥂

 

そんな彼女から、これをいただきました。

移りゆく京の四季・文化を、おひがしにのせて・・

これから毎年、お月見の頃、彼女を思い出すこと、と思います😌

♫ うさぎ うさぎ なに見て跳ねる

      十五夜お月様 見て跳ねる🌕🐇 ♫

 

 


インディコの成長(^^)

今日は、フィットネスインストラクターとしてではなく、動物大好き人間としてのブログです😊

よろしければお付き合いください😃

 

 

コロナが少しずつ落ち着いてきて、久々に東山動物園へ行った6月27日のことでした。

知らないうちに、コアラの赤ちゃんが袋から顔を出しているとのこと。その子がインディコです。女の子ですって。

子育てをそっと見守るため、お客さんから遠い奥のブースの木にいたので、画像がぼやけちゃってますが・・

お母さんに抱っこされた小さなお顔が見えました😍

 

 

それからはしばらく行けなくて、やっと行けた7月18日には、

なかなか姿が見えず・・こんなショットしか撮れませんでしたが、少し大きくなっているのがわかりました☺️

 

さらに1ヶ月した8月23日

あらら😃もうこんなに大きくなっていて、お母さんの背中にしっかりしがみついていました☺️

小さなお尻が、また可愛い😃

 

9月6日

木の向こう側のユーカリの葉っぱの奥でずっと寝ていて、どこにいるのか全然わからず・・

丸いお顔を木の隙間にやっと見つけました。

ちょうど起きたところです😆

 

 

そして、この連休中の9月19日

ずいぶん大きくなって、赤ちゃんではなく、すっかり子供サイズです。

親亀の上に小亀を乗せて・・状態😁

特に、この子はすごく甘えん坊なんだそうです😊

 

ちなみに、通例だとコアラの赤ちゃんが生まれると来館者の愛称投票で決定されることが多いのですが、新型コロナ感染症の影響のため、今回は愛称投票ではなく、母親ティリーの故郷であり東山動物園と姉妹動物園でもあるタロンガ動物園のコアラ飼育担当の方にアイデアをもらって、飼育員さん達で決められたそうです。

今回は愛称投票がないなあ・・と思っていたら、そういうことだったんですね。

さらに東山動物園のHPを読むと、
名前の”インディコ”はシドニーの南方の地域にいたオーストラリア先住民のアボリジニの部族の言葉で「月」を意味する言葉だとか。

そして、タロンガ動物園では「ルナ」(ラテン語で月を意味する)という名前の、インディコと同じ昨年生まれのメスのコアラがおり、姉妹動物園である東山とタロンガ動物園とで同じ意味の名前を持つコアラを飼育することになることから、これからも姉妹都市である名古屋とシドニー、東山とタロンガの強い絆がこれからも続いていくようにとの願いが込められているのだそうですよ。

 

毎回、滞在時間はわずかで、長くて2時間くらい。短い時は1時間もいられなかったり・・

それでも赤ちゃんがすくすく育っていくのを見たくて・・🥰

ラッキーなのは、隙間時間を利用して行ける距離であること。それに年パス利用者だし・・😉

8月に更新した年パス、今回も完全に元が取れそうです😆

動物大好きで〜す💕


金曜日のお楽しみ

昨夜も、オンラインレッスン。

毎週金曜日夜恒例のお楽しみになりました😊

 

昨日、スポーツクラブの会員さんとのやりとりの中で、足首が上手く回らない人が多い事がわかりました。なので、このサークルでもまず、足首回しも含めて足指〜膝へのアプローチを行いました。フットセラピーなどで学んだ方法です。足の疲れやむくみ改善など、ご自身の日頃のケアに使ってもらえるといいなと思ってます。

 

そして、腰仙・仙腸関節は、JSAで最初にする種目。

股関節へのアプローチも、とても上手くポジションが撮れるようになりました👏

体幹トレーニングもしっかり入れて・・

お尻まわりのストレッチ。

 

昨夜もこんな笑顔の花が咲きました🌼

楽しく頑張る仲間です☺️

コロナ自粛をきっかけに、毎週金曜日夜に集まる仲間ができました😊

オンラインができるようになって起こった、生活における1つの大きな嬉しい変化です😃

 

 

今日は、朝焼けの土曜日。

久々に少し遠出😊


伝え甲斐、頑張り甲斐 (^-^)

コロナ自粛後のスポーツクラブで始まったオリジナルの機能改善レッスン。

コロナ明けの頃は、動かしていなかった身体が動くようになることを目的にプログラムし、今は、動いてきた身体に対して、より機能的な動きに導くことを目的にプログラムしています。

今日、いつも参加してくださっている方から、こんなお言葉をいただきました。

「先生のクラスに出るようになってから、すごく身体がやわらかくなったんです😊」

「このレッスンでいろいろ教えてもらって、身体をどう使ったらいいのかを考えるようになりました」

もう、嬉しいの一言😍 60〜70代の方々でも、正しく使えば、使ったようにちゃんと変わっていくことの証明ですね。

 

 

そして午後からはスポーツクラブで、そこのクラブのエアロビクスメニューの中で1番強度も難易度も高い設定のレッスン。皆さん難しいコリオグラフィーにも、本当に果敢にチャレンジしてくださって、今のルーティーンの最終回をしっかり踊り納めて、締め括ることができました💕

皆さん、確実に動き方・スキルが上がりましたね😊✌️

やはり、身体は上手く使えば、鍛えられて強くなり、神経が磨かれ、持っている能力は開花していきますね。

 

 

運動は、意識するかしないかで本当に大きな違いが生まれます。そして、意識高く、やる気になってもらえて、効果が見えたり聞こえてきたりした時、頑張って伝えてきてよかったって、指導のやり甲斐を感じますね😉

でも、1番嬉しいのは、やっぱり皆さんが笑顔で帰っていかれるのをお見送りする時です😊

 

 

巨峰丸ごと一粒を羽二重餅(?)で包んだ和菓子をいただきました🍇😃

ちょっと前にシャインマスカット入りをいただいたのですが、それの巨峰バージョン。

シャインマスカットよりも甘みが深いですね。色もまさにブドウ色😊 帰ってからいただきましたが、やっぱり美味しかったぁ💕

 

 

そして帰り際、

「先生、冬瓜持ってきたから、ひとつもらっていってね😉」

冬瓜って超ビッグなやつじゃないの?

と思ったら、可愛らしいミニ冬瓜でした😃

こんな冬瓜があるんですね。ありがたくいただきました😊

 

ちなみに、冬瓜の旬は夏。なのに名前に「冬」と付く由来はと言うと、「野菜の中でも保存性が高くて、夏に収穫した果実が冬まで貯蔵できるから」という説がありますね。

 

さて、このミニ冬瓜、どう料理して美味しくいただこうかしら・・😋


思いやりの大切さと優しい仲間。

これは私が住む春日井市の広報誌です。

これを見た瞬間、そうだよなあと・・😣

 

これは、紙面に書かれている文章の抜粋です。

「新型コロナウイルス感染症に関連して、感染された人やその家族、医療関係者などの対策に携わっている人やその家族、帰国者、外国人の人などに対するさまざまな場面での心ない言動やSNSでの誹謗中傷などが全国的に問題になっています。

新型コロナウイルス感染症は誰もが感染する可能性があります。感染症を理由とした不当な差別やいじめなどは、決してあってはなりません。感染した人や症状のある人を責めるのではなく、思いやりの気持ちを持ち、温かくみまもりましょう。」

誰もかかりたくてかかるわけではないのです。

 

もちろん、油断はダメです。

自粛などの社会的な方針に背いての行動も、どうかと思います。

自分勝手な行動は、批判・非難されても仕方がないかもしれません。

 

でも、『偏見』『差別』って・・

《コロナ偏見・差別》は、他の事情に対するる偏見・差別と同じように、とても悲しいことです😭

 

コロナ禍の中、どうやってwithコロナでいくのか、すごくシビアですが、人として思いやりの気持ちは、大切ですね💕

 

 

今日のエアロビクスのレッスンも、思い切り皆さんと楽しんできました😊 

台風12号は、愛知県直撃コースかもと言われていたので、とても心配していましたが、コースが東の海上に逸れてくれたので、今月の最終回も皆さんと楽しく盛り上がれました😃👍

皆さんの頑張るエネルギーをすごく感じるし、一体感が本当に心地よく・・

「今日もすご〜く楽しかったです。先生、ありがとう😊 来週も楽しみ〜っ😉✌️」

そんなお声をいただけると、インストラクターとして嬉しい限りです💕

 

そして、汗で濡れるとやはりパーマヘアーはクルクルになりまして・・

(完全に使用後の写真で失礼いたします😅)

こんなとっ散らかった髪になっても

「濡れてクルクルしてても可愛いよ」

「クルクルがよく似合ってますよ」

なんて言ってくださる優しい参加者の皆さんに、いろんな意味で心から感謝なのです💕☺️