木も見るけれど、森も見るべし。

 めっちゃあったかい日。

フワフワの綿毛を身にまとい、飛ぶ様が雪が舞うように見える「雪虫」が飛ぶ季節になったのに、何とまあ、あったかいこと😯

通勤ウォーキングでは、長袖1枚でも汗をかくほど💦

 

 

じつは、私、青空の中をただただ真っ直ぐに突き進んでいく飛行機が作り出す飛行機雲の潔さが好きです😊

 

 

これは、某スポーツクラブで毎週ずっと私のレッスンを受けてくださっている方で、いつもJSA体験セミナーや金曜日のサークルにも来てくださる方のお話。

ここのところ、お仕事がとてもお忙しくて、先週ふくらはぎがパンパンになってしまわれたそう😵 

 

「ふくらはぎのストレッチならあれだよね」

と、いつもエアロビクスレッスンでも行ない、つま先の方向だったり、重心のかけ方だったり、姿勢など、より効率的に効果的に伸ばすポイントをお伝えしている定番のストレッチをされたそうです。

ところが、なかなかいつものように上手く緩んでくれなかったそうで、

「そうだ、スモールボールに乗ってみよう!」

と思い立って、JSAの腰仙・仙腸関節へのアプローチを行ってみられたそうです。いつもお伝えしている「どこよりも、まずは腰仙関節です」の言葉通りに実践してくださったわけです😃👍

 

「そうしたらね、ポキポキっと音がして、その後、スッとふくらはぎがの張りが嘘のように無くなったの。やっぱりJSAって凄いわあ😃👍」

と、驚きと喜びのお声を聞かせてくださいました。

 

JSA歴も長くなられて、ボールの上で力を抜くのもお上手だし、ボールに乗って行うさまざまなエクササイズも頭にしっかり入っていらっしゃるので、思い出しながらやることで、ご自分の力でご自身の身体をしっかりセルフケアすることができたようです👍

 

つまり、「結果」としてふくらはぎに負担が来たけれど、そもそもの「原因」は骨盤周りにあったという・・

「木を見て、森を見ず」になることなく、「木も見るけれど、森も見る」

よくぞ、そこに行きつかれました。素晴らしい👏

 

 

痛みが出ているところが原因ではないケースは、決して少なくありません。

私が、JSAの良さを伝えたいと思ったきっかけになった私自身の経験「膝が痛くなり、水が溜まって、治療院に通ってはレッスンを続けて半年ほど苦しんでいたのが、治療院がお休みの年末に、毎日ボールに乗ってJSAを行っていたら、気づけばよくなっていた」のと同じ。思うに私の場合、特に股関節の動きに問題があり、回旋動作でその皺寄せが膝に来た症例でした。

時々お話させたいただいている、そんな私の経験談が、頭の中にあったかどうかはわかりませんが、JSAをやろうと思っていただけたことが、本当に嬉しいです😊

日々の経験の繰り返しは、やはり意味がありますね😉✨

間違いない❣️

 

故障しないのが何よりですから、そのためには日々のケアが大切です。そして、もしも痛みや不具合が出てしまった時には、

「木も見るけれど、森も見る」

を忘れないようにしたいですね✌️✨

 

そして、もともと治療家さんがクライアントさんにする「手技のJSA治療」を何とかセルフでできるようにと開発されたのが「JSAスモールボールエクササイズ(略してJSAと呼んでいます)」なので、JSAはやっぱりセルフケアの心強い味方だなあと、あらためて実感です✌️✨

 

かく言う私自身も、「あれっ?」と思った時には、自宅でボールの上でコロコロ・・

それだけで調子がよくなるから、本当にありがたいです😃✌️

ちびボールだから、家の中でも邪魔にならないし・・😉👍